チェダーチーズの特徴、歴史と由来、作り方と使い方、食べ方

チェダーチーズの特徴

イギリスのチーズといえばチェダー

イギリスを代表するのがチェダーチーズ。現在は、アメリカやカナダ、オーストラリア、ニュージーランドといった国々で製造されています。

要するに、世界中で最も生産量の多いチーズということです。

熟成が未熟なうちはさわやかな酸味を持っているのが、熟成が進むと芳醇な風味を持ち、更にシャープな味わいが増します。

チェダーチーズの歴史と由来

チェダーチーズが生まれたのは、15世紀のイングランド、サマセット州チェダーという場所です。

この辺りは年間を通して温暖です。そこへフランスの修道士が村の農民たちにチーズの製法を教えたと言われています。

そして、農家の人々は夏につくったチーズをチェダー渓谷の洞窟に入れて保存していたということです。それに由来して16世紀にチェダーと名付けられたわけです。

その後、移民によって、アメリカやオーストラリアにも製法が伝わっていきました。

チェダーが世界中の工場でつくられるようになったので、本来のチェダーの製法をまもろうと、1982年に「West Country Farmhouse Cheesemakers」という組織が結成されます。

それが、現在も、ウェスト・カントリー・ファームハウス・チェダーとして、伝統製法のチェダーを守っています。

チェダーチーズの作り方と使い方

世界に広がるチェダー

チェダーチーズは、セミハードタイプのチーズです。

伝統的なチェダーの形状は円筒状で直径が35~38cm、高さが27~35cm、重さも20~27kgなのです。

ところが、現在世界各国で量産されている工場製のチェダーの形状は、直方体で20kgのものです。

チェダーの作り方

まず、ハードタイプの一般的な作り方を元にミルクからカードを作ります。

次に、ブロック状にしたカードを反転させながら堆積と反転を繰り返します。

チェダリング

酸度を上昇させながらホエイの排出を促進させます。

ミリング

チェダリングしたカードを数センチ角に切断します。

乾塩加塩

ミリングされたカードを乾燥させて塩を加えます。

圧搾

長期保存のために型詰めしたチーズに圧力をかけて固めます。

これらの過程によって、チェダーの特徴の緻密な組織が出来上がります。さらに色の違いでチェダーには二種類あります。
レッドチェダー
アナトー色素を使って鮮やかなオレンジ色に着色し、風味付けします。
ホワイトチェダー(バーモントチェダー)
着色していないチェダーチーズです。

チェダーチーズの食べ方

最も有名なチーズの食べ方は

好きな大きさにカットして、そのまま食べてもいいでしょう。薄くスライスしてサンドイッチに挟んでもいいですね。

また、細かく刻んで、サラダに入れたり、さらに細かくシュレッドしてピザトーストやグラタン、オムレツに入れて溶かすのもいいものです。

そのまま食べるとき、乾燥しないようにして、常温に戻すことが美味しく食べるコツです。

タイトルとURLをコピーしました