ゴルゴンゾーラチーズの特徴、歴史と由来、作り方と使い方、食べ方

ゴルゴンゾーラチーズの特徴

青カビタイプのチーズ

ゴルゴンゾーラは、ブルーチーズです。

青カビタイプのチーズの一種、イタリアの代表的なチーズの一つになります。

このゴルゴンゾーラと合わせて、世界三大ブルーチーズと言われるのは、フランスのロックフォール、イギリスのスティルトンです。

チーズ本体は薄黄色のやわらかなチーズですが、そこに青カビが筋状に入っています。

味としては、なめらかでほどよい青カビの刺激があるチーズです。

冷蔵庫で保存するときは、気をつけないと他のものに青カビが移ります。チーズは必ず密封して保存する必要があります。

ゴルゴンゾーラチーズの歴史と由来

イタリア・ロンバルディア州のゴルゴンゾーラ村で作られたというのがゴルゴンゾーラという名前の由来です。

この村では昔から、夏に放牧していた牛が降りてくる中継点でした。その長旅の疲れを癒しながら牛たちから搾ったミルクチーズを作りました。

それがやわらかく、美味だったので評判になり、ストラッキーノ・ディ・ゴルゴンゾーラと呼ばれました。それが初めだといわれています。

ゴルゴンゾーラチーズの作り方と使い方

ブルーチーズの魅力

温めたミルクに乳酸菌を加えてからレンネットを加えて、カゼインが凝固した凝乳からホエイを除去してカードを作ります。

ここまでは普通のチーズの作り方ですが、ゴルゴンゾーラは、このカードに青カビを加えて成型するのです。

ゴルゴンゾーラは、青カビタイプとしてはやわらかい風味がします。塩分も控えめで、青カビ独特のクセもそんなに強くありません。

ドルチェと、ピカンテの2種類があります。

ドルチェ

青カビが少なく、マイルドでクリーミーな口当たりです。青カビタイプ初心者向けです。

ピカンテ

ドルチェに比べると青カビ独特の辛味が強く、シャープな味わいがします。

ゴルゴンゾーラチーズの食べ方

好き嫌いもあるブルーチーズ

ゴルゴンゾーラは、柔らかく、ねっとりとしています。マイルドな塩味があり、パスタのソースに使うことで、ブルーチーズの風味が味わえると言われています

チーズ好きでも、ブルーチーズは苦手という人もいるようです。品質のいいものを選んで、いい状態で食べることが重要です。

バターや蜂蜜、ドライイチジクと相性がいいようです。
保存時の注意
1.置いておくと水分が出てきます。紙ナフキンなどでよくふき取るようにします。
2.他の食品に青カビが移ることがあるので、密閉容器に入れて保存します。

食べる30分前に冷蔵庫から出して、常温にしておくと、本来の味と香りが楽しめると言われています。

タイトルとURLをコピーしました