カッテージチーズの特徴、歴史と由来、作り方と使い方、食べ方

カッテージチーズの特徴

お豆腐感覚のフレッシュチーズ

カッテージチーズ は、脱脂乳をレンネットで固めて、水分を切っただけでできる、熟成させないフレッシュチーズです。

味は淡白、わずかな酸味とさわやかな風味が魅力です。実は、8割は水分なのです。

カマンベールチーズなどと比べると、カロリーは約3分の1なので、ダイエット志向の人にもうってつけです。

粒状のものと裏ごしのものがあって、お豆腐感覚で使えます。サラダだけでなく和風にも合います。

カッテージチーズの歴史と由来

牛乳が自然にすっぱくなってしまった時に、その牛乳から作られたのがカッテージチーズ だといわれています。世界で最も古いチーズのひとつです。

イギリスまたはオランダで生まれ、世界各国に広がりました。日本でも愛用者はとても多いチーズです。

脱脂乳を原料としているため、さっぱりとして、クセのない淡泊な味わいが生まれます。

サラダやパスタ、和え物、サンドイッチの具材にそのまま使います。

このチーズの名前は、山小屋を意味する英語 “cottage”から来ているそうです。そのために、コッテージチーズやコテージチーズと呼ばれることもあるそうです。

カッテージチーズの作り方

自宅でも簡単にできる方法

家で簡単に作る方法があります。

まず、牛乳を温め、そこに酢を加えると分離し、カッテージチーズができます。

ひき肉につなぎで混ぜ込むと、食感がやわらかくなり、ひき肉料理が変身します。

また、分離したあとの水分はホエイ=乳清と呼ばれて、栄養が豊富です。

酸味も気にならないくらいなので、捨てずに、炊飯やスープなどに活用すればいいでしょう。

カッテージチーズ は酢だけでなく、かんきつ類の果汁でも作れます。

酢で作ったカッテージチーズは少し固めですが、かんきつ類の果汁で作るとよりきめ細かくて、なめらかな口当たりになります。

カッテージチーズの食べ方

カッテージチーズ は白ワインをはじめ、コーヒーや紅茶にも合います。

サラダやケーキに使われ、豆腐のようにも使えます。

ポテトチップや野菜のディップとしてもぴったり、そのままスプーンですくって食べてもいいでしょう。

スプーンですくって食べると、風味の良いヨーグルトのような感じですが、実はチーズなのです。

タイトルとURLをコピーしました