美白美容液を使う理由、どんな時にどうやって使うか、オススメは

美白の本当の意味

毎日コツコツ努力すること

美白ケアは、年齢肌によってシミやくすみが生まれてしまうことを防ぐことです。

肌に含まれるメラニンはもともと透明だそうです。しかし、紫外線を浴びると黒くなってしまうということです。

それがシミにもなって行くわけで、同時に皮膚のターンオーバーが遅くなって古い角層が残ることで、肌がくすんでいくのです。

美白とは、このメラニンやターンオーバーをもとの健康な状態に戻すことなんですね。

したがって、即効で白くなることはないのであって、化粧品や食事で身体の外と内、両面からのケアをコツこと続ける必要があるわけです。

シミ改善に効果がある美白美容液

紫外線が一番苦手

シミには紫外線で生じる日光性色素斑と、メラニン色素の排出が粗大される肝斑が主なものです。

この肝斑は女性ホルモンの影響で生じるといわれ、紫外線によってどんどん濃くなるそうです。

美白では、シミは消せない

予防にも重要なアイテム

美白美容液を使ったら、肌が白くなって、シミが消えるということではありません。

メラニンの生成を抑えて、排出を促して肌の代謝を上げることができます。これによってシミを目立たなくさせる可能性があるというわけです。

美白美容液の選び方

効果がわかることを見分ける

美白有効成分

まず、基本的な選び方は、美白有効成分の配合です。この美白有効成分は、厚生労働省によってメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ効果と安全性を認めている成分です。

保湿成分

美白ケアにこだわりすぎて、美白有効成分だけに目が行き、保湿効果を見落としてはいけません。

好みの香りやテクスチャー

自分に合った美白美容液は色々な面で気分も満足させてくれる必要があります。香りやテクスチャーは大きな要因です。

続けやすい価格帯

美白美容液は短期間では効果は出ません。毎日使い続けるということから考えても、高すぎると失敗するかもしれないのです。

おススメの美白美容液

納得の品を手に入れよう

1.【草花木果】白花八草美白ライン




自然派でありながら効果が実感できます。

光澄み

草花木果独自成分『白花八草エキス』配合

シミ抑制

アルブチンとビタミンC誘導体を配合し、W美白有効成分で、シミ抑制を目指します。

肌をまもる

抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合し、ダメージを受けやすい肌あれをしっかりケアします。

2.ペネロピムーン エバーピンク ホワイトセラム



先回りして美白

独自の1+7のホワイトニング処方、有効成分であるL‐アスコルピン酸2‐グルコシドと7種類の和漢洋の植物エキスを配合しています。

美白に加えてエイジングケアもかなえる美容液となっています。もちろん石油系界面活性剤、合成香料など一切不使用です。

とろんっとした感触とやわらかな和漢植物の香りがたまらない魅力になるでしょう。
3.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする