美顔ローラーで手軽にフェイスケア、効果が生まれる仕組みとは

プロのフェイスマッサージの技

引き締まった肌を手に入れる

フェイスマッサージのプロの手技をニーディングと言います。

美顔ローラーはその動きをいかに再現させるかが課題だそうです。

そのために、ローラーの大きさや角度を工夫して作られています。

ローラーの計算された角度や大きさが、肌を深くつまみ、デリケートな女性の肌を美しく引き締めるわけです。

さあ、美顔ローラーを使って、ハリと艶のある引き締まった肌を手に入れましょう。

人気機種、トップ3

使いたくなる機種は?

1.ReFa CARAT MTG 美顔器 美顔ローラー

ハンドルの部分に取り付けられたソーラーパネルに光を取り込み、微弱電流を発生させて効果をアップさせます。

2.極・美KMT3Dローラー

素肌を引き締める、マイクロカレント。プラチナコートでアレルギーにも優しく、ソーラーパネルから取り込んだ光で微弱電流を作る仕組み。

3.3Dボール美容ローラー

小型にしたので、フィット感が増し、いつでもどこでも使えます。スマホよりも小さいので、持ち運びが楽になりました。

美顔ローラーの効果

リフトアップや小顔効果

美顔ローラーは、顔の上でコロコロと転がすだけなのに、血行が促進され、むくみも解消します。

そして、フェイスラインのリフトアップから小顔効果まで期待できるそうです。

効果的な使い方

一番大事な動かし方は「すくい上げてつまみ流す」というものです。

実は、美容ローラーは複雑な顔の作りを3Dで分析して、密着しやすい形にしているそうです。

動きのすくい上げるとつまみ流すという2つの動きはフェイスマッサージの人の手の動きを表してるわけです。

間違った美顔ローラーの使い方

みんなが普通にやっていること

上下にコロコロ

美顔ローラーは肉をガッチリ挟みます。したがって、下に引っ張ってはいけないのです。

引っ張ってしまうと、皮膚をたるませる事になり、リフトアップどころじゃ無くなります。

美容ローラーは上向きに一方通行が基本です。

擦りすぎる

メイクの上から美顔ローラーを使った場合、肌が擦れてしまい、赤くなったりします。

時には炎症を起こし、色素沈着してしまう可能性もあるんだとか。

製品の種類によっては、ジェルを塗布したり、スキンケア後に行うなど、スムーズに滑ることを強調しているものがあります。

強すぎややりすぎ

美顔ローラーを強くたくさんやれば効果的だと勘違いしてはいけません。

推奨する時間や方法を守って、必要以上の仕様は避けるべきです。

やりすぎは摩擦によって肌を傷めて、炎症や乾燥などの肌トラブルへと進んでしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする