留袖と振袖の違い、年齢や着物を着る場面、色の使い分けの意味とは

うまく使うことで品位に差が出る

それぞれに適した使い方があるわけ

着物の種類

着物には、正装に使う場合、いくつかの種類に分けられています。

基本的には結婚式などの儀式で着られるので使い分けられています。

大きく分けて、振袖、黒留袖、色留袖、訪問着、付下げの5種類に分けられているそうです。

振袖と留袖の違い

振袖とは

振袖は成人式でよく着られているもので、一般には未婚女性の正装となっています。

袖の長さで格の違いを表すそうで、大振袖、中振袖、小振袖があり、袖が長いほど格が高いそうです。結婚式で花嫁が着るのが大振袖ですね。

留袖とは

留袖という名前の由来は、振袖の長い袖を短く切って仕立て直して、身八口で縫い留めた着物、というところから来ているそうです。

江戸時代に広まった風習で、未婚女性が着ていた振袖を短くして、大人になったことを示していたこともありました。

しかし、娘から女性への成長という意味で、18歳になると袖を短くしていたという説もあります。

要するに、袖を留める事から留袖という名前がついたわけです。

実は、留袖はもともと振袖だったので、華やかな柄が入っている物が多かったんですね。

留袖の種類

黒留袖と色留袖

黒留袖

黒留袖は黒一色の地で、足元から模様が描かれています。とてもシンプルで美しい着物で、一番の礼装として格式の高いものです。

結婚式では、新郎新婦の親族などが着ている、あの黒い着物が黒留袖です。結婚式でも新郎新婦の親姉妹のように近親者のみが着ることができるそうです。

色留袖

本来は既婚女性の正装でしたが、最近では未婚の女性でも着ます。それは、晩婚化が進んで未婚は振袖という風習に合わなくなったことが大きい理由だそうです。

ようるに、年齢相応の着物が留袖という風に変わって着ているのが現状だということです。

色留袖もフォーマルな着物ですが、黒留袖ほど格式は高くありません。

親族以外の人が結婚式で着用する場合や、パーティーなどに正装で参加する場合に用いられます。

特殊な場面で、叙勲で宮中に参内するといった場合は色留袖です。

着物のレンタル

高価な着物でも使わない

最近では黒留袖をレンタルする人が多いそうです。そんな場合は家紋が形式的になっているようです。

色留袖もレンタルできるので、多くの人が利用しています。そんな場合は三つ紋で準礼装、一つ紋で略礼装という風に使い分けられるので便利です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする